本文へスキップ

受かる!高卒認定試験で大学進学を目指せます

試験制度移行に伴う変更点

高卒認定試験

受かる!高卒認定試験HEADLINE

試験制度移行に伴う変更点


大学入学資格検定から高等学校卒業程度認定試験への移行にともなう変更点は、以下の3つである。
 
(1)前述のとおり、大学・短大・専門学校の入学資格としてだけでなく、就職・資格試験等広く社会から高等学校卒業と同等の学力がある資格として認められるようになった。
 
(2)試験科目が変わる。試験科目から「家庭」がなくなり、「英語」が必修科目になった。

 (3)全日制高等学校に在学したまま受験できるようになった。つまり、全日制高等学校へ在学しているが、不登校などで学校へ行っていない者でも、退学をせず試験を受けられるということだ。

また、高等学校卒業程度認定試験で合格した科目は、学校長の判断で全日制高等学校の卒業単位として認定してもらうことも可能になっている。



高卒認定試験 受験